日本橋川水質浄化活動の経過と写真特集
 EM活用による内海・湖・河川などの環境改善活動は、日本全国で展開され、生態系や魚場の復活に大きな成果を上げています。そして遂に、江戸時代から5大街道の起点として名高い東京日本橋の下を流れる日本橋川の水質浄化活動に発展しました。その経過を写真中心にお届けします。日本橋川のEMによる水質浄化活動は、平成17年7月の第35回・日本橋橋洗いイベントから始まりました。

<第35回日本橋橋洗い>
平成17年7月:
<第35回日本橋橋洗い>
名橋「日本橋」保存会主催の橋洗いイベントにて、始めてEMシャボン玉石鹸を使用して橋を洗い、EM団子3千個を日本橋川に投入しました。

平成17年10月:
<水質調査隊による日本橋川の水質調査>
名橋「日本橋」保存会の依頼に基づき、U-ネット・EM研究機構による日本橋川の水質調査が行われました。 悪臭が漂い、ヘドロの堆積が40センチを超えるところもありました。

<第36回日本橋橋洗いでもEM団子投入> 平成18年7月
<第36回日本橋橋洗いでもEM団子投入>
今年も、参加者の手で3千個のEM団子が投入されました。

<新三崎橋からもEM団子を投入開始> 平成18年10月
<新三崎橋からもEM団子を投入開始>
大塚商会名誉会長の支援で千代田区新三崎橋付近からもEM団子1万3千個が投入されました。

<EM培養装置の設置工事> 平成18年11月
<EM培養装置の設置工事>
名橋「日本橋」保存会、日本橋川・神田川に清流をよみがえらせる会、千代田区、中央区などの協力により、堀留橋近くの西神田仮排水場の地上部にEM培養装置が設置されました。

<EM活性液の培養施設が稼動開始> 平成18年12月
<EM活性液の培養施設が稼動開始>
平成18年12月から、「毎週10トンのEM活性液を培養して日本橋川に投入する本格的な浄化活動」が開始されました。

<第37回日本橋橋洗い> 平成19年7月
<第37回日本橋橋洗い>
今年も参加者の手で3千個のEM団子が投入されました。

<千代田区役所裏の宝田橋かもEM団子> 平成19年6月
<千代田区役所裏の宝田橋からもEM団子>
清流をよみがえらせる会、千代田区、千代田区立富士見台小学生たちにより5千個のEM団子が投入されました。

<外堀でもEM団子の投入を開始> 平成19年7月
<外堀でもEM団子の投入を開始>
飯田橋近くの外堀でも、日本橋川・神田川に清流をよみがえらせる会主催で、EM団子の投入が開始されました。

<外堀浄化活動に地元企業、大学生が参加> 平成19年10月(写真:エコピュア提供)
<外堀浄化活動に地元企業、大学生が参加>
毎月のEM団子投入には、同会のほか、地元企業や大学生が参加し、昨年末までに3万9千個が投入されています。

<日本橋下の投網に鱸と鯉が入る> 平成19年10月
<日本橋下の投網に鱸と鯉が入る>
名橋「日本橋」保存会が日本橋下で試験的に投網をかけたところ、鱸と鯉が獲れました。(直ぐに放流)

<日本橋下でハゼが釣れた> 平成19年 平成11月
<日本橋下でハゼが釣れた>
名橋「日本橋」保存会とU-ネットが、EM団子投入作業後に、日本橋下で試験的に釣り糸を垂れたところ、短時間で5匹のハゼが釣れました。(直ぐに放流)



画期的な資源リサイクル型の屋上緑化システム
〜戸田市役所屋上の「フェルトガーデン戸田」を企業や行政が次々と視察〜
 都市部に住む私たちの周りでは、大量生産・大量消費型経済の落とし子といわれる大量のゴミが、毎日排出され焼却されています。
 こうした問題を、埼玉県戸田市が行政の立場から真剣に捉え、平成16年からNPOや企業の協力を得て研究を進め、<ゴミの有効活用>と<ヒートアイランド対策>を同時に促進するアイデア満載の屋上緑化システム「フェルトガーデン戸田」を開発している。
戸田市役所屋上では「フェルトガーデン戸田」を視察する人々が絶えない
戸田市役所屋上では
「フェルトガーデン戸田」を視察する人々が絶えない
 同システムは、不要になった古布で作ったフェルトをベースに、廃棄硝子で作った発泡材と生ゴミをEM発酵させた肥料を土の代わりに活用し、ペットボトルの栓から作った外枠材に利用するなどして、<軽量でかつオールリサイクルの屋上緑化システム>を実現した(戸田市役所クリーンセンター室:大山室長、吉田課長補佐談)。
 平成19年には、同市役所屋上に460m2(約140坪)の同緑化施設を開設し、企業や行政からの視察・見学にも応じている。
 因みに、同市のクリーンセンター(蕨市との合同ゴミ処理施設)では、紙類、缶類、ペットボトル、家具類などの完全リサイクルを積極的に進め、大きな収益を上げている。



Copyright(C) United Networks for Earth Environment (U-net) All rights reserved.
掲載記事・写真の無断転載を禁じます。