インフォメーション

U-netの活動の歩み

【会報】 善循環の輪通信 第333号(7月12日)を掲載いたしました

2017.07.12

「善循環の輪」通信 第333号(平成29712日発行)

内容
【活動紹介】
EMで由緒ある池の蓮を復活させたい

滋賀県近江八幡市安土町 福島弁財天
 琵琶湖の内湖である「西の湖」近く田畑の中にポツンと小高い森がある。住所は近江八幡市安土町下豊浦であり、戦国時代からあった地名だと言う。目安として安土城跡から西に1kmほどで周囲は約100mの、さほど大きくはないが由緒がありそうなお堀に囲まれた社がある。現在、社の周りは田畑がほとんどだが、この地は干拓地なので、その昔、周囲は湖で水に囲まれた小さな島だったと思われる。現在の地である下豊浦に大阪の商人が弁財天のご本尊を安置して祀った。そして地元の人たちに大事にされ、福が授かる「福の島の弁財天」として現在に至っている。
 地元安土町でEMによる環境改善などの活動をしているオーガニックステーションEM安土(中川次代代表)の方々から「福島弁財天の大祭の時に、数年前まではお堀にところ狭しと蓮の花が咲き、それは見事だった」と言う話がでて、EMでお堀に蓮を復活させようと言うことになった。


 

  

「善循環の輪」通信 第333
詳しくはこちらで > http://www.unet.or.jp/docs/zenjunkan/333_20170712.pdf

 

地球環境共生ネットワーク「会報」(U-net通信・善循環の輪通信)
バックナンバーはこちら > http://www.unet.or.jp/newsletter/ 

ご連絡・お問い合わせ
認定NPO法人 地球環境共生ネットワーク
事務局 03-5427-2348 E-mailinfo@unet.or.jp

※前の記事
U-net
通信 第95号(76日)

詳しくはこちら > http://www.unet.or.jp/news/article/397.html

< 戻る

書籍のご案内

シントロピー【蘇生】の法則~EMによる国づくり~

シントロピー【蘇生】の法則~EMによる国づくり~

価格:1,000円(税込)