法人案内

U-netの活動の歩み

ご挨拶

比嘉 照夫

理事長 比嘉 照夫

地球環境共生ネットワーク(U-ネット)はEM(有用微生物群)技術を活用し環境汚染問題を積極的に解決し、生態系を豊かにし、生物多様性を守り、共生の思想を実行するNPO法人です。創設以来15周年をむかえることになりましたが、全国各地における河川や湖沼や海の浄化に多大なる成果を上げています。近年では洪水等の自然災害に伴う衛生問題の解決を各地で行うようになりましたが、その成果は2011年3月11日の東日本大震災の被災の現場でもいかんなく発揮されました。 また、EMの活用によって放射能汚染対策や作物による放射性物質の完全なる吸収抑制が可能になることも明らかとなり、この活動を福島県はもとより、放射能汚染が懸念されるすべての地域でボランティアによる協力で問題解決の支援を行っています。U-ネットの行動規範は以下の詩の通りです。 「見返りを求めないボランティアが世の中を変える」

浜渕 隆男

初代理事長 (運営委員長)
浜渕 隆男

私たちの“地球環境共生ネットワーク”(略称U-ネット)は、EM(有用微生物群)の技術を活用して、生ゴミの堆肥化、河川・湖・海の浄化、自然農業の普及をはじめ、汚水処理、工業利用、産業廃棄物のリサイクルの推進など、地球レベルの環境問題を解決するため、奉仕の精神に基づき、広く社会に寄与することを目的として活動するNPO(特定非営利活動法人)です。
平成10年(1998年)にEM(有用微生物群)の開発者、比嘉照夫(琉球大学名誉教授)を会長に、純粋なボランティアの全国的組織として発足しました。今では(平成24年現在)25万人を超える大きな組織になりました。そして全国各地のそれぞれの“ふるさと”でつぶされた自然の再生に取り組み、蘇生させ、多くの成功例を実現してきました。
私たち人類は過去、文明という美名のもとに、自然を大きく破壊し、土・水・大気を汚し続けてきました。このまま放置すれば地球は滅亡します。今こそ私たちは過去を反省して、少しでもきれいな地球を後世に残すため、立ち上がるときではないでしょうか。
皆様の参加を心からお待ちしております。

法人概要

名称 認定特定非営利活動法人 地球環境共生ネットワーク
設立 1999年12月13日
代表者 比嘉照夫 (理事長)
役員 理事長1名、理事37名、監事1名
会員 会員494名(団体含む)、準会員(善循環の輪)1823名(団体含む)
事業内容 有用微生物の活用を中心に、生ゴミ堆肥化の推進、自然農法の普及、汚水処理、工業利用、産業廃棄物リサイクルの推進など、環境問題解決のため、奉仕の精神に基づき広く社会に寄与することを目的とし、次の活動を行う。
  • 地域特性に合わせた環境保全運動の推進
  • 有用微生物を活用した生ゴミ堆肥化の推進・自然農法の普及・生活と環境の改善
  • 河川・湖沼・海洋等の環境浄化運動の推進
  • 建設・緑化分野への有用微生物活用技術の普及
  • 工業利用・産業廃棄物のリサイクル・有害物質除去等への技術協力
  • 環境改善の発展と啓蒙を促す交流会の開催
  • 会員が開発した健康および環境改善に資する製品の普及
  • その他目的を達する事業
所在地 〒105-0014
東京都港区芝2-6-3 三宅ビル4階
連絡先 【電話】    03-5427-2348
【Fax】   03-5427-5890
【E-mail】info@unet.or.jp

書籍のご案内

シントロピー【蘇生】の法則~EMによる国づくり~

シントロピー【蘇生】の法則~EMによる国づくり~

価格:1,000円(税込)